東京都で義務となった太陽光パネルについて
メリットやデメリット
株式会社Tokyo&International

メリット・デメリットをお伝えします。

2025年4月から新築住宅には、太陽光パネルの設置が義務となりました。大手住宅供給会社は、太陽光パネルの設置された住宅を販売することとなります。住宅供給が年間2万㎡以上が大手という扱いになります。消費者に課せられた義務ではなく、住宅供給会社に課せられた義務となります。

 

一時期売電がブームになりましたが、今はブームも去り落ち着いた状況です。海外情勢の変化で、エネルギーが高騰しているので、メリットとしては光熱費の節約があります。電力消費量が多い時期は、一時的に電力の使用ができなくなる計画停電が行われることがあります。太陽光パネルが付いていると、関係なく電気が使用できるので、夏場や冬場には、助かります。そして、現在は太陽光パネル設置の補助金が付きますので、そちらもメリットとなります。

 

逆にデメリットは設置コストがかかってしまうことや、場所の問題が出てきてしまいます。電力の価格変動がありますので、電力の価格が上がるなら設置してるメリットがありますが、下がるとデメリットになってしまいます。どこのサイトにも記載はないですが、心配なのは、屋根に太陽光パネルを設置するということです。太陽光パネルを固定する部分から、雨水が侵入しないように、きちんとメンテナンスしないといけません。メンテナンスコストもかかってしまいます。

 

東京都のホームページもご参照ください。

https://www.koho.metro.tokyo.lg.jp/2023/01/04.html

Q&A

https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/climate/solar_portal/faq.html

 

株式会社Tokyo&Internationalではメリットもデメリットも、お客様の立場に立って、必ずお伝えを致します。メリット・デメリットは表裏一体の部分も多く、しっかりお伝えすることで、ご満足いただける安心安全なお取引になると考えています。

太陽光パネル
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区桜新町2-10-3
金子ビル1階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【桜新町駅】徒歩1分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事