団体信用生命保険は誰のためにかける?
受取りは誰?
株式会社Tokyo&International

団体信用生命保険と普通の生命保険の受取人に関する違いは以下の通りです

団体信用生命保険:

 

受取人は、通常は住宅ローンの金融機関です。つまり、住宅ローンの契約者(借り手)が亡くなった場合、保険金は残された住宅ローンの残債を一括で清算するために、金融機関に支払われます。残された遺族は不動産を相続する事になります。

 

普通の生命保険:

 

受取人は、契約者(保険の加入者)が指定します。通常は、契約者の配偶者や子供、もしくは他の家族や信頼する人物が受取人となります。契約者が亡くなった場合、保険金は受取人に支払われ、受取人はその保険金を自由に使うことができます。例えば、遺族への生活費や教育資金、税金の支払いなどに使われることが一般的です。

 

つまり、団体信用生命保険の受取人は住宅ローンの金融機関であり、保険金はまず残された住宅ローンの残債の清算に充てられます。一方、普通の生命保険の受取人は契約者が指定し、保険金は受取人が自由に使うことができます。

 

過去には連帯保証人が弁済する事もあった住宅ローンですが、現在では団体信用生命保険に加入していただく形が一般的となります。

 

株式会社Tokyo&Internationalでは、住宅ローンに関する事も含めて、様々なご相談を承っております。不動産にまつわるお困りごとは株式会社Tokyo&Internationalまで、お気軽にお問い合わせください。

 

参考URLはこちらをクリック

2637456_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区桜新町2-10-3
金子ビル1階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【桜新町駅】徒歩1分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事