サンプルテキストサンプルテキスト
株式会社Tokyo&International

その1.不動産会社に相談査定依頼

 

不動産を売却する際は、売却理由売却可能時期売却希望価格などの条件を整理しておくことが重要です。

また、売却しようとしている不動産の過去の修繕履歴現在の月々の固定費を把握しておく必要があります。

しかしこれらをすべて個人で行おうとすると、かなりの時間、日数を費やすことになります。

効率よく不動産を売却を行うには、まずは不動産会社に相談しましょう。

 

相談を終えたら、複数不動産会社に不動産の査定を行ってもらいます。

複数の不動産会社に依頼することには大切な理由があります。

仮に一つの不動産会社に依頼したとき、不動産市場の相場に対して高すぎてしまうと、買主が見つかりづらくなってしまいます。

逆に低すぎてしまうと、売主が損をしてしまう可能性があります。

このようなリスクを避けるために複数の不動産会社に依頼することをお勧めします。

そう

その2.媒介契約を締結

 

査定価格などの説明を受け、売出価格を決めて売却活動の内容についても確認したうえで、媒介契約を締結します。

媒介契約には、一つの会社としか契約出来ず購入者との直接取引のできない専属専任媒介契約、一つの会社としか契約はできないが、購入者との直接取引はできる専任媒介契約、複数の会社と契約ができ、購入者との直接取引のできる一般媒介契約の3つがある。

どの契約も契約有効期間は3か月であり、自動更新は行えず、依頼者の申し出があった場合のみ更新が可能です。

また、専属専任媒介契約と専任媒介契約にはレインズに登録する義務があります。

レインズとは、不動産流通機構が運営しているシステムで、レインズに登録すると、多くの不動産会社が販売中の物件情報を共有するため、不動産を探しているお客様に物件を購入してもらいやすくなります。

 

自身の売却の条件に合わせた媒介契約を締結しましょう。

契約書
  • STEP

    01

    てすと

  • STEP

    02

    売却の流れ

その3.売却活動

 

媒介契約が締結された後は、不動産会社が主導となり売却活動を行います。

ポータルサイトへの出稿レインズへの登録などの売却活動を不動産会社が行い、これらの広告を見て興味を持った人からの問い合わせを受けます。

売主が行うのは、この後の内覧対応です。

内覧日を調整し、実際に買主が内覧をしたうえで購入意思の固まった人から不動産会社経由で購入申込書を受け取ります。

価格交渉や引き渡し時期などの条件に買主が合意すると売却活動は終了します。

※専属専任媒介契約、専任媒介契約の場合は、不動産会社は売主へ売却活動の報告を定期的に行う必要があります。

売却活動

Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ