不動産と道路の関係その1
公道について
株式会社Tokyo&International

不動産と道路は切っても切れない関係

不動産を購入または売却しようとすると、不動産業者が必ず確認するのが、対象の不動産がどんな道路に接してしているか?という部分です。(接道と言います。)

 

建物を建築しようとする時は、建築基準法という法律によって、さまざま事が決められています。その中でも道路は重要になります。道路の状況によっては、建物が建てられないというケースもあります。(未接道で再建築不可となります。)

 

基本的には、建築基準法上の道路に2m以上接している必要があります。これを接道義務と言います。

 

建築基準法の道路とは、どんなものでしょうか?

建築基準法第42条に規定されています。1項道路≒公道になります。

 

・1項1号道路 国、都道府県、市区町村が管理している道路法上の幅員4m以上の道路になります。国道・都道・区道が該当します。

 

・1項2号道路 都市計画法、土地区画整理法などに基づき許認可を受けて築造した道路です。幅員4m以上の道路です。開発道路とも言われます。

 

・1項3号道路 「基準時(建築基準法が施行された昭和25年11月23日と当該市町村が都市計画区域に指定された時点とのいずれか遅い時点)」にもう幅員4m以上の道で、現在も道となっている道路です。既存道路とも言われます。

 

・1項4号道路 事業計画のある道路で、2年以内にその事業が執行される予定の道路として、特定行政庁が指定した道路です。計画道路とも言われます。

 

次は1項5号『位置指定道路』の説明を致します。

 

 

2686119_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事