アスベスト(石綿)って何?
過去に使用された建材
株式会社Tokyo&International

アスベスト(石綿)の注意点

不動産の契約の際に、契約書や重要事項説明書で記載のあるアスベスト(石綿)についてお伝えします。

 

アスベスト(石綿)は過去にはポピュラーな建築材料でした。驚く事に人工物ではなく、天然物になります。そのまま自然にあれば、危険はないと言われています。

 

以前はビルの建設等によく使われていたアスベスト(石綿)は、断熱目的で吹き付けて使用されていました。便利な建材でしたが、昭和50年に使用が禁止されました。理由は、体に関する悪影響です。

 

じゃあアスベスト(石綿)が危険になる場合は、どのような状況でしょうか?アスベスト(石綿)は切ったり削ったりした時に、非常に細かい繊維となり、空中に飛び散ってしまいます。それを吸い込む事で、石綿肺や肺がんになるリスクが、飛躍的に高まるとされています。

 

通常に使用している場合は、アスベスト(石綿)が飛散する事はありません。健康に影響を及ぼすのは、切ったり削ったりした場合になります。壁を切ったり削ったりするのは、解体の時になります。

 

アスベスト(石綿)を使用した物件を解体する場合は、所要の措置を取らないと作業する方や近隣の方に、悪影響を与える事になります。その為、通常の解体費用よりも高くなる事が多いので、注意が必要です。

 

株式会社Tokyo&Internationalでは、解体に関するお悩みも解決するソリューションがあります。建物の解体をしたい、建物の活用をしたい、どのような形で相談したら良いか分からない時は、株式会社Tokyo&Internationalに一度ご相談ください。

民家解体
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事