住宅にまつわる税金あれこれ その2
こんな税金もかかります
株式会社Tokyo&International

不動産と税金について(保有編)

不動産を保有していると、さまざまな費用がかかります。その中でも、逃れられない費用があります。それは税金です。保有しているとかかる税金をご紹介したいと思います。

 

・固定資産税

毎年納付する必要があるのが、固定資産税です。土地も建物も課税対象になります。新築の場合は優遇措置が取られています。所有しているだけでかかってくるので、不動産は活用か処分を行わないとお金が出ていく一方です。

 

参考

https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/shisan/kotei_tosi.html#ko_01_01

 

・都市計画税

都市整備などの費用に充てるための目的税です。原則として都市計画法による市街化区域内に所在する土地・家屋の所有者として、毎年1月1日(賦課期日)現在、固定資産課税台帳に登録されている方に課税されます。不動産の売買を行うと、固定資産税と都市計画税の精算を行います。ここがふくざつですが、固定資産税と同様に市町村税ですが、23区内は都が都税として課税しています。

 

参考

https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/shisan/kotei_tosi.html#ko_04_01

税金
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区桜新町2-10-3
金子ビル1階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【桜新町駅】徒歩1分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事