鉄骨組み工法とは?
建築方法その3
株式会社Tokyo&International

鉄骨組工法のメリット・デメリット

鉄骨組工法(鉄骨造、鉄骨構造)は、鉄骨を主要な構造材として使用する建築工法です。この工法には、主に以下の特徴と利点があります。

 

鉄骨組工法の特徴

 

1. 高強度・高耐久性

 

鉄骨は木材に比べて非常に高い強度を持っています。そのため、地震や台風などの自然災害に対する耐久性が非常に高くなります。また、鉄骨の高い耐久性により、長期間にわたって安定した構造を維持することができます。

 

2. 柔軟な設計

 

鉄骨は自由度の高い設計が可能で、大空間や大開口部を実現しやすいです。そのため、オフィスビルや商業施設など、広いスペースが求められる建物に適しています。また、増改築やリノベーションも比較的容易に行うことができます。

 

3. 工期短縮

 

鉄骨は工場でプレファブリケーション(部材の工場製作)され、現場で組み立てられるため、工期の短縮が可能です。これにより、現場での作業時間が減少し、天候の影響を受けにくくなります。

 

4. 高い耐火性

 

鉄骨は不燃材料であり、火災時にも燃えないため、高い耐火性を持ちます。ただし、火災時の高温で鉄骨が変形することがあるため、耐火被覆などの対策が必要です。

 

5. 省スペース

 

鉄骨の断面積は木材やコンクリートに比べて小さくて済むため、建物内部のスペースを有効に活用することができます。これにより、建物の設計においてより多くの有効面積を確保することが可能です。

 

6. 環境への配慮

 

鉄骨はリサイクル可能な材料であり、使用後も再利用することができます。これにより、環境への負荷を軽減することができます。

 

鉄骨組工法の種類

 

鉄骨組工法には、主に以下の2種類があります。

 

1. 鉄骨造(S造)

 

純粋な鉄骨を使用した工法で、住宅から高層ビルまで幅広い建物に採用されています。耐久性や設計の自由度が高く、特に商業施設やオフィスビルに適しています。

 

2. 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

 

鉄骨と鉄筋コンクリートを組み合わせた工法で、高強度と高耐久性を兼ね備えています。高層ビルや超高層ビルに多く採用されており、鉄骨造よりもさらに強固な構造を実現します。

 

鉄骨組工法は、その強度と設計の柔軟性から、さまざまな建築物に採用されています。特に、高い耐久性と迅速な施工が求められる現代の建築ニーズに応えるための最適な選択肢と言えるでしょう。株式会社Tokyo&Internationalでは、様々な建築方法のハウスメーカーや工務店をご紹介致します。お気軽にお問い合わせください。

 

参考URLはこちらをクリック

鉄骨
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区桜新町2-10-3
金子ビル1階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【桜新町駅】徒歩1分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事