不動産の広告のルール
その3
株式会社Tokyo&International

必要な表示事項

インターネットで様々な情報が手に入る時代ですが、不動産の広告は紙の資料として見る事も多いと思います。

 

不動産の広告にはいろいろなルールがあり、そのいくつかをお伝えしていきます。今回は広告に必ず載せないといけない、表示事項についてお伝え致します。

 

表示事項には、土地でも建物でも以下のような内容が記載されます。「所在地、価格、土地・建物面積/専有面積、現況、引渡し、取引態様、仲介手数料、情報公開日、更新予定日」更に土地の場合は以下のような文言も加わります。「坪単価、地目、建ぺい率、容積率、交通、接道、都市計画、用途地域」建物がある場合には以下のような文言も加わります。「建物名、間取り、構造、建築年月日、設備、駐車場台数、(マンション)管理費、修繕積立金」

 

このような物件の概要の情報を不動産の広告には、きちんと記載しなければならないというルールがあります。記載に関しても制限があり、7ポイント以上の大きさの文字にしなければならないという規定もあります。

 

また広告をする事業主もきちんと記載が必要になります。「広告主の社名や名称・商号、広告主の住所、電話番号、FAX番号、免許番号、保証協会、所属団体・支部」このような情報を載せる事が義務付けられています。

345517_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事