不動産広告のルール
その8
株式会社Tokyo&International

広告で使ってはいけない言葉

インターネットで様々な情報が手に入る時代ですが、不動産の広告は紙の資料として見る事も多いと思います。

 

不動産の広告にはいろいろなルールがあり、そのいくつかをお伝えしていきます。今回は使ってはいけない言葉です。

 

1.「完全」、「完ぺき」、「絶対」、「万全」等、全く欠けるところがないことを意味する用語は、使用できません。

2. 「日本一」、「日本初」、「業界一」、「超」、「当社だけ」、「他に類を見ない」、「抜群」等、競争事業者よりも優位に立つことを意味する用語は使用できません。

3.「特選」、「厳選」等、一定の基準により選別されたことを意味する用語は使用できません。

4.「最高」、「最高級」、「極」、「特級」等、最上級を意味する用語は使用できません。

5.「買得」、「土地値」、「格安」、「激安」、「安値」等、著しく安いという印象を与える用語は使用できません。

6.「完売」等、著しく売行きがよいという印象を与える用語は使用できません。

 

どこかで見たことがある言葉かもしれません。もし、上記のような広告があったら、ご注意ください。弊社株式会社Tokyo&Internationalでは、お客様との情報の非対称性を経営理念として、営業を行っております。耳障りの良い言葉を並べるのではなく、良い事も悪い事もお伝えし、お客様にお喜び頂きたいと考えております。

アクセントクロス
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事