2022年問題って何?
生産緑地の指定が終わる?
株式会社Tokyo&International

生産緑地の指定から30年経過するとどうなる?

生産緑地は30年農地や緑地として土地を維持すると決められていましたが、指定が1992年なので、2022年は30年となります。生産緑地の指定が解除されるのが、2022年です。生産緑地の指定解除がどのように問題なのかというと、税制優遇も無くなってしまうという事になります。高い固定資産税を支払うのは大変なので、選択が迫られます。以下にどのような選択が必要になるのか、お伝え致します。

 

農業を続けるのであれば、特定生産緑地の指定を市区町村から受ける必要があります。10年毎の更新制になります。この場合は今までと同じく、優遇税制を受けながら、農地や緑地の維持をしていく事になります。


農業が続けられない場合は、生産緑地の指定解除後の土地を買い取ってもらうという事になります。生産緑地の指定中は売買が禁止されていましたが、指定解除のされると市区町村に買取の申し出が可能になります。市区町村で買取ができない場合は、農林漁業の希望者へ買取の話をする事になります。

 

それでも買取が叶わない場合は、株式会社Tokyo&Internationalへお声掛けください。弊社での買取や売却のサポートを通じて、お客様の有利な条件での土地の譲渡のお手伝いを致します。

 

特定生産緑地の制度が整備されるまでは、2022年に生産緑地の指定が解除になり、都市部の土地が大量に売りに出され、土地価格の下落が心配されていました。2022年問題と呼ばれているものです。しかし、特定生産緑地の制度でその心配もあまり無くなりそうです。

23555119_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事