建蔽率を変えられる条件
緩和の条件について
株式会社Tokyo&International

建蔽率(建ぺい率)の緩和を受ける為には?

建蔽率は行政で決められた数値です。この数値の変更は、行政が変える場合以外はありません。しかし、建蔽率を緩和を受けることができる条件があります。

 

・特定行政庁が認めた角地

→道路が交差した場所にある土地は、10%の緩和を受ける事ができます。角地緩和と呼ばれています。

 

・二つの道路に挟まれた土地

→道路に挟まれた土地は、10%の緩和を受ける事ができます。

 

・防火地域内の耐火建築物

→この場合も10%の緩和を受ける事ができます。

 

・準防火地域内の耐火建築物または準耐火建築物

→10%の緩和を受ける事ができます。これは2019年6月に改正された法律に基づくものです。

 

この中で、角地+防火地域の耐火建築物の組合せと角地+準防火地域の耐火・準耐火建築物の組合せは、20%の緩和となります。

 

株式会社Tokyo&Internationalでは、お好みの建蔽率のエリアをお探しして、ご提案する事も致します。お客様の立場に立って、ご提案致しますので、お気軽にご相談ください。

角地
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事