仲介手数料の考え方
+6万円の根拠は?
株式会社Tokyo&International

仲介手数料ってどういうもの?

不動産を購入や売却する際に、不動産会社に支払うのが、仲介手数料です。ここでは、仲介手数料の考え方について、お伝えします。

 

仲介手数料には、宅地建物取引業法という法律で上限が決まっています。物件価格によって、パーセンテージが変わります。

 

200万円まで5%

200万円を超え、400万円まで4%+2万円

400万円を超えたら、3%+6万円

※不動産価格に消費税が含まれないものとします。また実際にお支払いをするにあたっては、消費税が掛かります。

 

仮に3,000万円の不動産を購入か売却した場合

30,000,000×0.03+60,000=960,000

消費税を含めないで考えると、96万円になります。

 

ここで不思議に思われる方が多い、60,000円について説明を致します。この60,000円はどういうものかというと、不動産価格における仲介手数料の計算方法に関係してきます。

 

先程出てきた価格3,000万円の不動産を例にすると

30,000,000×0.03=900,000

上記の金額に200万円までの部分は、5%までの仲介手数料が認められます。3%は上記で計算済みなので、残りの2%が4万円になります。

200万円を超えて400万円の部分は4%までの仲介手数料が認められます。3%は上記で計算済みなので、残りの1%の2万円になります。

合わせて6万円が請求される形となります。

30,000,000×0.03+60,000=960,000

上記が仲介手数料の上限となります。

 

(株)Tokyo&Internationalでは、仲介手数料を半額で、不動産の購入※も売却も行っています。不動産は価格が大きいので、手数料の額も大きくなります。一番簡単に掛かる費用を抑えることができる部分です。不動産の購入や売却をご検討の際には、(株)Tokyo&Internationalへ一度ご相談ください。宜しくお願い致します。

※弊社媒介物件を除く

3803527_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事