印鑑証明書が必要になる場合について
どんな場面で必要?
株式会社Tokyo&International

印鑑証明書をお持ちくださいって言われるシーン

「不動産の取引において、印鑑証明書通りの実印をお持ちください。印鑑証明書は〇通、取得してきてください。」

 

上記のような事を言われる事があります。印鑑証明書が取得できる方は、印鑑登録をお住まいの市区町村の役所で済ませた方ご本人か、指定の委任状を持った代理人だけとなります。マイナンバーカードを取得している方は、コンビニエンスストアでも印鑑証明書を取得できます。印鑑登録をした印鑑は実印となります。

 

印鑑証明書は何に使うものかと言うと、法律で規定されている契約に必要になってきます。不動産の取引の関連では、不動産の登記手続きの書類の押印や、住宅ローンの手続き書類の押印です。売買契約や賃貸契約は実印じゃなくても問題ないケースがほとんどです。

 

印鑑証明書を取得できるという事は、契約した方の意思が反映されている、そして本人と役所が証明してくれる、とみなされるので、印鑑証明書を持って来て欲しいとするケースもあります。

441426_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事