不動産売買には諸経費がかかります。
どんなものがあるのでしょう?
株式会社Tokyo&International

不動産には様々な諸経費がかかりますので、ご紹介を致します。

不動産を購入する時には、費用がかかります。不動産の代金のみならず、様々な経費もついてきます。お店でお肉やお魚、お野菜を買うのとは異なり、ある程度時間と費用がかかってきます。

 

仲介手数料…売主ではない仲介をしてくれた、不動産会社に支払う手数料です。法律で上限が決められています。売買価格(建物の消費税を抜いたもの)に3%を掛けて、6万円を足したものに、消費税をかけたものが上限です。

 

印紙税…不動産売買契約書や住宅ローンにおける金銭消費貸借契約書に貼る印紙の代金です。住宅ローンは組まない方は、金銭消費貸借契約をしないので、お支払いが不要となります。

 

③登記費用…購入した不動産が誰のものなのか、確認できるようにしておく必要があります。司法書士に依頼し、土地と建物を法務局に登録≒登記してもらう費用になります。所有権保存登記です。売る際には抹消登記になります。新築の戸建だと、かかってくる費用で土地家屋調査士に依頼する、表示登記(住居表示を払出してもらう事)もあります。住宅ローンを利用する場合には、抵当権設定登記もセットになってきます。

 

④ローン諸経費…住宅ローンを利用する場合にかかります。金融機関の規定により、融資手数料や保証料と上記の印紙税がかかります。事務手数料や振込手数料もかかる事があります。

 

⑤火災保険料等…万が一の際に備えるのが、損害保険です。住宅ローンを利用する場合には、火災保険の付保が条件になってきます。火災保険以外にも、地震保険や家財保険があります。火災保険は最長10年、地震保険は最長5年になります。

 

⑥固都税・管理費等の清算金…固定資産税・都市計画税、マンションであれば管理費や修繕積立金、借地であれば地代の清算金を決済時に清算します。

 

不動産取得税…購入した後に、お支払いが必要な地方税です。6~12ヶ月後に納税通知書が届きます。

 

一般的な物件における購入諸費用の概算は、売買価格の7~9%となります。

諸経費
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事