実測売買って何のこと?
公簿売買との違い
株式会社Tokyo&International

実測売買は、どのような取引なのでしょうか?

実測売買とは、実際に土地の面積を測量して、その面積に基づいて金額を決めて、売買をしましょうという取引になります。

 

公簿売買と異なり、金額が上下する可能性がありますので、1平米あたりいくらで清算する、という取決めを売買契約書に盛り込んでおく必要があります。

 

きちんとした面積が出るのがメリットです。土地の大きさによっては活用の方法が変化しますので、面積が正確に出ると検討材料になります。正確に面積を出す為には、隣地の所有者に境界を確認して頂き、面積に間違いがない事を記載する確定測量という事をする必要があります。確定測量には時間とお金がかかりますので、それがデメリットになります。

 

実測売買の反対に、登記簿の記載内容で取引を行う公簿売買もあります。

22290280_s
Access

区内やその周辺エリアを中心に中古住宅空き家査定・買上を行っています

概要

店舗名 株式会Tokyo&International
住所 東京都世田谷区駒沢2-16-1
サンドー駒沢ビル5階
電話番号 03-6450-9873
最寄り 東急田園都市線【駒沢大学駅】徒歩5分
営業時間 10:00~20:00
対応エリア 世田谷区、目黒区、大田区、杉並区他

アクセス

都内でも居住人気の高いエリアの物件を多数取り扱っています。世田谷区はファミリー層を中心に居住希望者が多い地域であるため、戸建てを中心に中古住宅でも比較的スムーズに販売まで進むケースが多く、できる限り好条件で販売できるようにお手伝いします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事